パスタ & バー 夏への扉

保土ヶ谷西口徒歩3分!!グラスワインが50種以上!お箸で食べるパスタも20種以上!そんなお店のマスターが毎日(ほぼ)書いてます。^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こころのインフラ

歓送迎会、ご予約/貸切承ります。
7000種類以上のワインを飲んで選んだ
厳選グラスワインが50種以上、いつでも飲めます!!


045 - 331 - 6446 まで
お気軽にお問い合わせください。

詳細は夏への扉ホームページをチェック。


今年はあんまり
夜中に猫を見なかったけど
(おととしは、しょっちゅう店の軒先に来てた)
最近、涼しくなってきたからか
ちょいちょいと遭遇。
餌付けは絶対にしませんが
猫を見ると和むなあ。

さてさて。

きのうちろっと書いた
いいお店が閉めちゃって残念、というお話。
いまやってることより
もっとやりたいことがあるから
そのために閉める、って話らしいし
お店をやってるのは
その人たちだから
まあ、頑張ってください、とも思うんだけど。

都度都度書いてますが
店って
(店に限らず事業全般だと思いますが)
自分だけのものではなくなっていくんですよね。
およそ一般の方向けにやってる事業は
数、とか規模はともかく

 ファン

ができてきます。
可愛い雑貨屋さん、とか
素敵な美容室、とか
チョイスが渋い古着屋さん、とか
そこに行くことを楽しみにする人がいるわけです。
で、楽しみにしてもらえるってことは
生き甲斐だったり癒しにつながっていくことで。

自分のやっていることを
楽しみにしてくれたり
癒し、とか
救いに思ってもらえる、というのは
なかなか実感できにくいことなんですよね。

飲食業をそこそこ長くはやってますが
自分のやってることを
本当に楽しみにしてくれる人がいるってのを
想像以上に実感できたのは
夏への扉を始めてからですし。
(お客様にはっきり
「私は夏への扉に救われた」と
言われたことがあります)

そういう実感があると
ちょっとやそっとでは
やめちゃいけないな、と思うから
自分のため以外に
頑張る動機になってきます。

実際、お店を閉める人は
いろいろ理由があるはずで
資金の問題や
経営者の人の体力的なこと
なにより、メンタル部分、と
もしくは全部複合、とかね
ほんとにいろいろあると思うんだけど
自分以外の誰かを
ちょっとでも支えてる
助けてる、と、実感できると
続けるための施策が出てきますからね。

 ひとつの命を救うのは、無限の未来を救うこと

ですよ、ええ。
「救急戦隊 ゴーゴーファイブ」からの引用ですが!!
(さらに元ネタは「吼えよペン」)

ではでは ノシ

ホームページ→http://natsuhenotobira.com/
twitterやってます→natuhenotobira
facebookもやってたり→facebook
開業までのいきさつは→物語ライティング
こども食堂的なことやってます

お食事のご利用でANAのマイルがたまります♪
★AMCバナー
★グルメマイルロゴ

お食事のご利用でJTBトラベルポイントがたまります。
トラベルロゴ

濱ともカード協賛店です^^
濱ともステッカー寿_9_17





9月の店休日 5日 12日 19日 20日 26日


横浜市保土ヶ谷区帷子町 2-47-4 国際会館 1F
045 - 331 - 6446
JR横須賀線 保土ヶ谷駅 徒歩3分!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。