パスタ & バー 夏への扉

保土ヶ谷西口徒歩3分!!グラスワインが50種以上!お箸で食べるパスタも20種以上!そんなお店のマスターが毎日(ほぼ)書いてます。^^

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

やりがいと賃金

歓送迎会、ご予約/貸切承ります。
7000種類以上のワインを飲んで選んだ
厳選グラスワインが50種以上、いつでも飲めます!!


045 - 331 - 6446 まで
お気軽にお問い合わせください。

詳細は夏への扉ホームページをチェック。


事務仕事中に
BGMを80年代J-POPにしてたら
ひかる一平の”青空オンリーユー”ってのがかかって。
これが結構な音楽兵器でしばらくフリーズしてました。
いや、破壊力がすげえ。
楽曲はいい曲なだけに、ほんと破壊力がすごい。
歌のクセがすごい。

さてさて。

ちょっと前に
コストコが、時給を高く設定することで
求人費用を下げられるし
人を選ぶこともできるし、的な記事を見て
すごく納得していてですね。
どうして、日本の企業だとそういうのできないのかなー、と
考えております。

まあね、一人でやってるから
雇用の創出してないじゃん、とか言われちゃうと
ぐぬぬ。

飲食業でも時給1200円ぐらいで
運営できれば
経営者側としても
指導しやすいと思うんだけど
原価とか考えると難しいよねえ。

昔、都内で居酒屋やってたときは
950円スタートぐらいでやっていて
人時売上(売上を総労働時間で割るもの)を
5000円ぐらいでやってると
利益だせてたんだけど
時給1200円ぐらいでやるには
使う時間を減らすか、売上をあげるしかなくて
やりやすい方向は
使う時間を減らす、だからね
結果、サービスも低下するし
個々の負担を増やすことになるからなあ。

同じ原価構成で
使う時間も変えないとすると
客単価を1000円ぐらい上げると
まあ、なんとかなるんだけど
いまの時代は難しそうだしねえ。
高単価飲食店と
カジュアルな飲食店の線引きがしっかりしてるからなあ。

コストコなんかは
会員制にしてるから
客単価の底上げを計れるってのが
うまいビジネスモデルではありますね。

飲食業は超面白い仕事だけど
賃金が追い付いてなくて
要求水準が高いから
ワタミとかすき家みたくなっちゃうんだよね。
なんとかできないもんかなあ。
物販もまあ、おなじだとは思いますが。

モヤモヤしながら
この項終わる。

ではでは ノシ

ホームページ→http://natsuhenotobira.com/
twitterやってます→natuhenotobira
facebookもやってたり→facebook
開業までのいきさつは→物語ライティング
こども食堂的なことやってます

お食事のご利用でANAのマイルがたまります♪
★AMCバナー
★グルメマイルロゴ

お食事のご利用でJTBトラベルポイントがたまります。
トラベルロゴ

濱ともカード協賛店です^^
濱ともステッカー寿_9_17





7月の店休日 25日


横浜市保土ヶ谷区帷子町 2-47-4 国際会館 1F
045 - 331 - 6446
JR横須賀線 保土ヶ谷駅 徒歩3分!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。