FC2ブログ

パスタ & バー 夏への扉

保土ヶ谷西口徒歩3分!!グラスワインが50種以上!お箸で食べるパスタも20種以上!そんなお店のマスターが毎日(ほぼ)書いてます。^^

原資はいっぱいあったほうがいいね

ご予約/貸切承ります。
5000種類以上のワインを飲んで選んだ
厳選グラスワインが50種以上、いつでも飲めます!!


045 - 331 - 6446 まで
お気軽にお問い合わせください。

詳細は夏への扉ホームページをチェック。


なにげに
有線放送のチャンネルを
いじってたら
ソウル・クラシック、なるチャンネルを発見。

ジャクソン5の「ハレルヤ・デイ」でごきげんに。
ダンス・クラシック、はなかったけど
ソウルくくりで見れば、モータウン系もかけられるなあ、と。
昼か夜で、たまに変えてみようかなあ。

さてさて。

連続して書いておきますが
Taverna Bar Orsoさんは
きょうの17時、伊勢佐木町でオープンですよー。

で、改めて開業のために
必要なことをいろいろ考えてみると
やっぱりお金が必要で。

まあ、普通に考えて
お店を開けるのに
規模はどうあれ
1000万円ぐらいはいるわけですよ。
大きいところだともっとね。

できなくはないけど
1000万円貯める、ってのは時間かかるから
頑張って300万円ぐらい貯めて
あとは銀行なり国庫なりから借りるのが
ベターだと思ってます。
創業時なら借りやすいし、公的機関通せば金利低いしね。
助成金なんかも絡めやすいし。
現金はほんといっぱいあったほうがいいので。
あれですね漫画「カイジ」の
一番最初の限定じゃんけんのときに
カイジが最初に限度額いっぱいまで借りるのと同じこと。
(たとえがわかりにくい上に、ちょっと縁起わるい。
そのあとカイジはちゃんと逆転するけど、背中に刻印押されるしな)

星海社、という出版社がありますが
今年の2月で最初の借入金を返済した、と
COOが感慨深げにつぶやいてました。
非常に共感。
返済が終わると、かなり一息つけますからね。
ある程度の期間やらないとできないし。

無借金経営が一番だろうけども
最初はね、絶対予想以上にお金はかかるから
いっぱい持っておいて
できるだけ渋ちんに、というのが
スタート時の考え方としてはいいんじゃないかな。

ではでは ノシ

ホームページ→http://natsuhenotobira.com/
twitterやってます→natuhenotobira
facebookもやってたり→facebook
開業までのいきさつは→物語ライティング

お食事のご利用でANAのマイルがたまります♪
★AMCバナー
★グルメマイルロゴ

お食事のご利用でJTBトラベルポイントがたまります。
トラベルロゴ

濱ともカード協賛店です^^
濱ともステッカー寿_9_17





3月の店休日  9日 16日 23日 30日

横浜市保土ヶ谷区帷子町 2-47-4 国際会館 1F
045 - 331 - 6446
JR横須賀線 保土ヶ谷駅 徒歩3分!!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する