FC2ブログ

パスタ & バー 夏への扉

保土ヶ谷西口徒歩3分!!グラスワインが50種以上!お箸で食べるパスタも20種以上!そんなお店のマスターが毎日(ほぼ)書いてます。^^

わかりやすく、何度も読める  ~「マンガでわかるコーチングルール」

当ブログが、「日本でいちばん大切にしたい会社」公式ブログで紹介されています。
やはり、注目・反応されることはうれしいですね。
ご紹介いただいた木内さん、ありがとうございます。

さて、私が読んだビジネス書のなかから、みなさんにご紹介していく、このカテゴリ。
旬なものも紹介しますが、何度も読めるものもお伝えしていきます。

今回はこの本です。

マンガコーチ


「マンガでわかるコーチングルール」 播磨早苗 PHP研究所 1200円+税

北海道でアナウンサーをされていた播磨さんはコーチとして独立され多くの著作を著されていますが
その中でも、非常にわかりやすく実践度が高いのがこの本です。
コーチングやファシリテートなど、今後必須になってくるビジネススキルの解説書は数多くありますが、重要なのは読んでためになる、ということより、すぐに実践できる、ということではないでしょうか。

どんなスキルであれ、まずはやってみないことは自分のものになりません。啓発書は読んだ時点で満足してしまうことがありがちですが、重要なことは実行してみることでしょう。
とすると、ノウハウなどを学ぶ本では、そのノウハウを使えるイメージが浮かびやすければ、実行が速くなるはずです。新技術への導入に対しての心理的障壁をいかに下げられるか、とも言い換えられますね。

そういった意味で、「マンガでわかるコーチングルール」はコーチングを実際に行っているイメージがつかみやすく、そのまま導入することができます。導入の段階で、コーチをする役とコーチを受ける役とに別れて、このマンガどおりに演じてみることでも、実感がつかみやすいのではないでしょうか。

私自身、この本を読んでからコーチングの応用がやりやすくなりましたし、実際に部下の成果が変わってきています。

また、コーチングスキルは、そのまま自分に当てはめてみることで、自己の理解を深め、改善を早めることもできます。
コーチングについて、興味はあるけれども、実践できていない方にはもちろん、より理解を深めている方も勉強になる本ですね。
部下のいる方は当然、個人事業で努力されている方にもおすすめです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マンガでわかるコーチング・ルール

マンガでわかるコーチング・ルール

忍者大好きいななさむ書房 2009年06月22日(Mon) 01:46