FC2ブログ

パスタ & バー 夏への扉

保土ヶ谷西口徒歩3分!!グラスワインが50種以上!お箸で食べるパスタも20種以上!そんなお店のマスターが毎日(ほぼ)書いてます。^^

”多忙は怠惰の隠れ蓑”  -「ほぼ日刊イトイ新聞の本」

ほぼにち


「青山フラワー・マーケット」を経営されている井上英明社長は
毎年決まった本を繰り返し読まれているそうです。
自分の立ち居地や環境の変化のなかで、新しい発見がかならずあるそうです。

私にとって、そういった何度も読めて、仕事の指針となっている本のひとつに

「ほぼ日刊イトイ新聞の本」 講談社文庫 620円

があります。

1日140万アクセスにもなる大人気ホームページ
「ほぼ日刊イトイ新聞」はどうやって作られていって
どう進んでいったか、ということがまとめられています。

もともとは2001年にでて、2004年の文庫化にあたって
加筆されています。
文庫化から4年経っていますが、
考え方のヒントになることが多く記されています。

いい話だけでなく、失敗談もでてくるあたりが、リアルに感じます。

糸井重里という人は、誤解もありそうな人ですが(埋蔵金あたりは私も?ですし)
視点の広げ方や、フラットに物事をみること、才能のピックアップ、ということでは
長けている人だと思っています。
そのエッセンスを組織化して、成功している事例を学ぶ参考書として
読むことができます。

働くことの楽しさ
生きることの楽しさ
チームでやることのたのしさ
リーダーのたのしさ


全部がこれ1冊で学べます。
すごく読みやすくてためになり、私の座右の書となりました。

手軽に読めて、ためになるおすすめの本です。
社会人1年生にも、ベテランビジネスパーソンにも
それぞれの発見につながると思います。



スポンサーサイト



PageTop